男鹿半島で採水した美味しい人気の塩を通販でお取り寄せできます。男鹿工房の塩はお歳暮やお中元のギフトとしてもおすすめです。 男鹿半島の塩の原料は、日本海に突き出した男鹿半島の海で採取した海水です。男鹿の塩は、溶けやすく、柔らかい、独特な塩として生み出されています。「話題の調味料」と口コミで評判です。
お気軽にお問い合わせください。
0120-69-1140
受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

日常生活で使える塩の裏技大公開!塩を活用するだけで生活がより豊かに☆

 

塩は調味料として使われることがほとんどだと思いますが、実は調味料以外にもたくさんの使用方法があります。塩には、さまざまな力があり、活躍できる場面が多いので、今回は塩の効果を使った裏技をあますことなくご紹介していきます。

知っているか知らないかの差だけで食事や生活をより快適にすることができるので、是非『塩の裏技』を知って、試して生活に役立ててください。

知らないことは大きな機会損失になりますので、最後までご覧ください。

 

塩と食材に関する4つの驚きの裏技

塩とハーブ

塩にはたくさんの活用法がありますが、まずは塩と食材に関する裏技を4つお伝えしていきます。どれも簡単に実践できて、面白いものですので、是非お試しください。

野菜の鮮やかさを保つ塩の裏技

塩には野菜の鮮やかさを保つ裏技があります。実は塩には酵素の働きを止める力があるため、野菜などを茹でる際に、濃度1%ほどの塩を加えることで野菜の鮮やかな緑色を保つことができます。野菜の緑色色素(クロロフィル)の安定を促し、酸化酵素の働きも抑えてくれるのです。

塩を入れるだけで綺麗な野菜を召し上がることができるので、野菜を茹でる際は、濃度1%の塩を入れることを忘れないでください。

リンゴの変色を防ぐ塩の裏技

リンゴを切ったまま放置しておくとどんどん変色して、見た目が悪くなってしまいます。しかし、塩水にリンゴを浸けることで、リンゴの表面に塩水の膜が作られ変色を防いでくれるのです。

詳しくは、『りんごの変色を防ぐために塩水に浸す適切な時間とは?』(←こちらをクリック)でも解説しておりますが、塩水にリンゴを浸けるだけで、いつまでも綺麗なリンゴの状態を保つことができるので、活用されてみてください。

サンドイッチを美味しく召し上がる塩の裏技

お散歩に行ったときや遠足に行ったときにサンドイッチを持っていくことがよくあると思いますが、実はサンドイッチと塩を合わせることで、よりサンドイッチを美味しく召し上がることができるのです。。

サンドイッチの定番の具としてキュウリやレタスを入れる方が多いと思います。キュウリやレタスなどの水分の多い食材をサンドイッチにいれるとパンが水っぽくなってしまいます。

そこでキュウリやレタスに塩を振って15分ほど放置してから、水分をキッチンペーパーでしっかりと取ります。そうすると、塩の浸透圧で野菜の水分が外に排出されます。そのため、キュウリやレタスによってサンドイッチが水っぽくなることを防ぐことができます。

サンドイッチに水分の多い食材を使うときには是非お試しください。

こんにゃくの味が染みわたる塩の裏技

おでんの中でも特に人気を誇る「こんにゃく」ですが、家で作ってみると味がうまく染み込まず美味しく召し上がることができないことが多いと思います。しかし、塩の裏技を使用すれば「こんにゃく」に味が染み込みやすくなります。

その裏技とは、「こんにゃくを塩で揉むこと」です。実は、塩は脱水作用を持っていて、こんにゃくを塩で揉みこむことで、こんにゃくの水分を外に逃がすことができます。そして、塩もみして水分が抜けているこんにゃくを水できれいに洗い流してから煮汁に漬け込むことで、抜けた水分のところに煮汁が入り込んでいきます。

そのため、こんにゃくは塩もみして洗ってから、煮汁に浸せば、家庭でも味の染みたこんにゃくを作ることができます。

 

塩と生活に関する知っているとお得な裏技

驚いている少年

塩は食材に関することだけでなく、普段を生活をより快適するための裏技まで持っています。知っているだけでお得になる塩の生活に関する裏技をこっそりお伝えしていきます。

拭き掃除に最適な塩の裏技

拭き掃除をするときにも塩は大活躍をします。実は塩には殺菌作用があるため、拭き掃除をするときに水に塩を入れて水拭きをすると床や机がよりキレイになります。ただ、塩を入れすぎると拭いたあとに塩が残ってしまい、白っぽくので注意が必要です。

しかし、科学的に合成された洗剤などと違って、身体に害は全くありません。そのため、小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、塩水拭きがおすすめです。

匂いをとってくれる便利な塩の裏技

塩はまな板や容器の匂いをとる殺菌能力があります。魚を調理したまな板は塩を振りかけてスポンジで擦ることで匂いがとれ、お弁当などの容器はお湯を張って塩を小さじ1,2杯入れて置いておくことで匂いを取ることができます。

塩を活用することで、まな板や容器の匂いに悩まされることがなくなります。

お鍋の焦げにも活躍する塩の裏技

お鍋を調理に使用すると焦げて残念な見た目になってしまうことはよくありますよね。しかし、そんなお鍋の焦げにも塩が活躍します。お鍋の焦げた部分をお湯で濡らして、そして焦げが見えなくなるくらいまで塩を振りかけて15分ほど置いておきます。

置いたあとにスポンジなどでゴシゴシふき取ることで焦げがみるみるうちに取れてくれます。塩には研磨作用があるため、それを活かして、しつこい焦げも取っていきましょう。

美容にも活用できる塩の裏技

塩は食材や食器に関することだけなくで、人の美容にまで効果をもたらしてくれます。塩を使ったマッサージやシャンプーをすることで余分な角質や脂分を取り除いてくれるのです。

さらに、塩の栄養価に関しても人には必要なミネラル分などを含んでいるため美容には必要不可欠です。

詳しくは

塩を健康と美容に活かす意外と知らない3つの使い方とは』(←こちらをクリック)

塩が便秘にも良い!?【健康・食材・美容】にも発揮する意外な作用と効果』(←こちらをクリック)

にて、ご紹介しているので、是非合わせてご覧ください。


さいごに

sea

塩の意外な使い方に驚きませんでしたか?

塩は本当に活用の仕方次第で、あなたの生活を豊かにしてくれます。簡単に実践できて、役立って、さらに面白いので、どんどん『塩』を活かした生活を送ってください。

塩に満ち溢れた素敵な日々を過ごされることを祈っています。

 

また塩屋が語る、塩とお肉や魚やお酒などとのおすすめの合わせ方などもホームページで多数ご紹介させていただいているので、料理に最適な『塩』も見つけてください。

食通なら絶対に行う料理に最適な塩の組み合わせ』(←こちらをクリック)

 

さらに、嬉しいことに近年『天然塩』のブームが来ています!大切な方や友人に対する贈り物として『天然塩』を選ばれる方が急増しています。どうして、今贈り物に塩が人気なのかを5つの理由から紐解いていくので、是非合わせてご覧ください。

そして、贈り物には是非『塩』を選んでみてください。またご自身でも天然の美味しすぎる『塩』をお楽しみください。

塩が贈り物に最適な理由

このブログの著者

男鹿工房

このブログの著者

男鹿工房
男鹿工房
お知らせ一覧