男鹿半島で採水した美味しい人気の塩を通販でお取り寄せできます。男鹿工房の塩はお歳暮やお中元のギフトとしてもおすすめです。 男鹿半島の塩の原料は、日本海に突き出した男鹿半島の海で採取した海水です。男鹿の塩は、溶けやすく、柔らかい、独特な塩として生み出されています。「話題の調味料」と口コミで評判です。
お気軽にお問い合わせください。
0120-69-1140
受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

塩の歴史~古人の努力の結晶が生み出した最高の調味料~

 

日常的に親しまれ、日本人の生活の一部となっている『塩』。

現代では、ごく当たり前に使用されている『塩』ですが、実は古人の試行錯誤や製塩所関係者のたぐいまれなる努力の結果によるものなのです。

今回は、日本で多くの人に愛されている塩が送ってきた、変化や波乱万丈の歴史をわかりやすくご紹介していきます。

 

 

日本の塩の起源

塩の大地

世界的な塩の始まりは紀元前2000年ころから始まっており、地下塩水から岩塩の採掘や海水、湖塩から塩資源は活用されてきました。

日本では地下資源に恵まれておらず、海水から塩は精製されました。しかし、日本は多雨多湿な気候なため天日により塩を作ることが難しく、塩を作るためにさまざまな工夫がなされてきました。日本最古と言われる製塩は、縄文時代の土器と海藻で作られた『藻塩』です。

「藻塩焼き」と呼ばれる方法を活用していて、それは千葉県で出土した縄文時代の製塩土器から物語られています。

縄文時代から塩が精製されていたなんて驚きですよね。

縄文時代の以降の古墳時代ともなると製塩土器が全国的に広がっているのが、土器などからわかります。

また、男鹿工房でも歴史ある『藻塩』を作っているので、是非ご覧ください。

古代より歴史ある『藻塩』を実際に見てみる!

 

平安時代から変わる製塩方法

小さじに盛られた塩

そして平安時代にもなると新たな製塩方法が実施されます。能登半島に自然浜を利用した揚浜式塩田が登場しました。

揚浜式塩田とは、海面よりも高い場所の地面が平坦にならされて粘土で固められ、そこに人の力で海水をくみ上げて塩田地盤の砂にかけて、太陽熱と風で水分を蒸発させて、砂に塩分を付着させる製塩方法です。砂が乾いたら沼井(ぬい)と呼ばれる「かん水抽出装置」に集めて、海水で洗って濃い塩水を作ります。

そしてその後、濃縮工程では入浜式塩田や流下式塩田などが発明されて塩作りが行われていきました。入浜塩田とは潮水位以下の場所に堤防を作り、塩田を設けた方法です。入浜式塩田は室町時代あたりから昭和の時代まで長く理用されてきました。

流下式塩田は、第二次世界大戦後から開発された方法で、緩勾配の長さ20mほどの不透水地盤の表面に散砂をおき、上部から海水を流して水分を蒸発させて下部に濃縮塩水を集める方法です。他の塩田と比べて、海水をくみ上げたり、砂を動かすといった労働が必要なくなる方法のため、高い生産性を誇り活躍しました。

 

専売制により、製塩の危機に陥る

小さじに山盛りに盛られた塩

塩の歴史が大きく動いたのは塩の専売制度が導入されたことがきっかけでした。専売制とは、あるものの生産や流通、販売が子国管理下に置かれ、国家が利益を得るための制度です。日露戦争の頃より日本は専売制を設けられ、「第4次塩業整備事業」で国内で7社のみがイオン膜濃縮法での塩の製造が許可され、それ以外の塩田や製塩所は廃業しました。

イオン膜濃縮法とはイオン膜の塩が水中でナトリウムイオンと塩化物イオンに分かれて存在していることに着目して、海水中の塩分を集める方法です。

多くの製塩所が廃業したため、塩は希少なものとなってしまったのです。

しかし、1997年には日本の塩の専売制が終焉を迎えました。その後、塩業整備事業により廃業となった製塩所の経営者や有識者など有志が集まり、各地で塩を取り戻すための「自然塩復興運動」がおこりました。

それから、さらに様々な運動が起こり、政府との交渉や一般消費者への地道な啓蒙活動がの努力が実を結び、1973年には「再製加工塩」の販売が認められることとなりました。

そして現在では国内500カ所以上の製塩所で多様な塩が作られるようになったのです。


さいごに

塩の山積み

現在では日常的に召し上がられている塩ですが、先人たちの製塩の工夫や努力、廃業となった製塩所の関係者の運動のおかげがあって、現在があるのです。

ここまで受け継がれてきた伝統的な調味料である『塩』をこれからも深く堪能していきましょう。

 

また男鹿工房でも多様な塩を製造しており、中には塩なのに『黒い塩』や『ピンク色』の色鮮やかで美味しい塩をご用意しています。

是非代々受け継がれてきた塩の歴史を知ったこの機会に、天然の塩を召し上がってみませんか?

男鹿工房のカラフルな天然塩を見てみる!

 

そして、嬉しいことに近年カラフルな『天然塩』がブームとなっています。贈り物に塩が選ばれ、人気を誇っている理由はこちらの記事で解説おりますので、是非合わせてご覧ください。

他の人と被らないように、相手が喜ぶようにと贈り物で悩むことがなにかと多いと思いますが、それらは下の記事を見れば解決できます。

塩が贈り物に最適な理由

このブログの著者

男鹿工房

このブログの著者

男鹿工房
男鹿工房
お知らせ一覧