男鹿半島で採水した美味しい人気の塩を通販でお取り寄せできます。男鹿工房の塩はお歳暮やお中元のギフトとしてもおすすめです。 男鹿半島の塩の原料は、日本海に突き出した男鹿半島の海で採取した海水です。男鹿の塩は、溶けやすく、柔らかい、独特な塩として生み出されています。「話題の調味料」と口コミで評判です。
お気軽にお問い合わせください。
0120-69-1140
受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

なぜ贈り物には塩が最適なのか?お中元・お歳暮に塩が人気な5つ理由

 

お中元やお歳暮、お土産、引っ越し、開店祝いなど、日常の生活で贈り物をするときは何かと多いと思います。贈り物をするたびに「今回は何をあげれば喜ぶかなぁ」「他の人と違うプレゼントを贈りたいなぁ」などと悩むことも多いですよね。

実は贈り物には『塩』が最適で、近年プレゼントに『天然塩』を選ぶ方が増えています。この記事では、どうして贈り物には『塩』が最適なのかを5つのメリットからお伝えしていきます。

また、プレゼントすれば喜ばれること間違いなしのおすすめの『天然塩』も後半にご紹介するので、是非最後までご覧ください。

 

贈り物に『塩』が最適な5つの理由

プレゼントを渡す人

これを読めばもう贈り物に迷うことはありません。贈り物に必要な要素をすべて満たしている『天然塩』のメリットをお伝えします。

被ることが少ない

お中元やお歳暮の時期の贈り物を選ぶときに、一番困ることは他の人と被ってしまうことです。

コーヒーやお菓子などは多くの人が送っているから、何を送ればいいか迷ってしまう方も多いと思います。せっかくの贈り物なのに、他の人の物と被ってしまって、自分のプレゼントの印象が薄くなってしまうのは悲しいことです。

しかし、塩ならばあまり被ることがありません。他の人が送らないような塩をプレゼントすることで、贈り物の差別化ができて印象に残すことができるので贈り物にはおすすめです。

日常的に使用できる

塩を贈り物に選ぶ2つ目のメリットは、『塩』は日常的に使用するものということです。

日本は塩の消費量が世界的に見ても多く、塩を使わない家庭はないとまで言えるほどです。

それほど多くの方が、日常的に使っているものです。そのため塩をプレゼントすることで、日常的に、プレゼントを渡したあなたのことを思い出してもらうことができます。

長期的に使用できる

塩の良い所は日常的に使用されることだけではなく長持ちすることです。

塩には賞味期限がなく、いつまでも保存しておくことができます。また、塩を一気に使う方は一般の家庭では少なく、1回の料理で何つまみずつ使用されていきます。そのため、お菓子などの贈り物と違ってすぐに無くなってしまうことなく、長期間に渡って使用してもらえるメリットがあります。

お金を掛けている人があまりいない

実は、塩をプレゼントするとほとんどの方が喜んでくれます。なぜならば、塩にこだわりを持って高いものを購入されている人が少ないからです。

普段は、多くの方がスーパーなどで安く購入できる食塩を使っています。しかし、スーパーで売られている食塩は加工されたもので、塩化ナトリウムが99%以上のものです。

そこで、スーパーのものとは違い、天然のミネラル分を含んだ天然の塩をプレゼントすることで、健康志向の方には大いに喜ばれます。

塩にお金を掛けている人が少ない現代だからこそ、ちょこっと『高級な天然のお塩』を贈り物に選ぶことで意外性と感動を獲得することができるのです。

おいしい!!

塩を贈り物に選ぶ1番のメリットは、なんといっても『おいしい!!』ことです。天然の塩は、結晶が大きく食感も楽しめる上に、塩気がわざとらしくなく、そのまま食べてもおいしく頂けます。

また、塩によってはほのかに味付けされたものなどもあり、種類も豊富でたくさんの味を楽しむこともできるのです。

 

このように『塩』を贈り物に選ぶメリットは多く、プレゼントすることで相手に喜ばれ、プレゼントした人も幸せな気持ちになれます。是非、これからは贈り物をされる方は『天然の塩』も検討してみてください。

 

戦国時代にも塩は送られていた!

男鹿半島の塩

日本の有名な言葉の中に「敵に塩を送る」という言葉があります。これは戦国時代のある逸話が語源となっていて、実は戦国時代にも塩を送る感動的なお話があるのです。

「敵に塩を送る」という言葉は、戦国時代の武田信玄に、敵対関係にあった上杉謙信が『塩』を送ったことから作られています。

当時、武田家は今川家と敵対していて、今川家が北条家と組んで武田家に流れる塩の流通を止める「塩止め」を行いました。海に面していない武田家の領地にある領民は「塩止め」の結果、食料難で苦しむことになりました。(当時は食品を保存するためには塩が必要で、塩がなければ食べ物がすぐに腐ってしまうからです。)

その領民の困窮する姿を見た上杉謙信が「命のかかわる塩を止めるのは卑怯」だと判断し、敵である武田信玄に『塩』を送ったのです。

その結果、武田信玄や領民は救われ、「敵に塩を送る」という言葉ができました。こういった逸話をご存知の方に『塩』をプレゼントすることで、かなり粋な人と思ってもらえるでしょう。

この記事を読んでくださっているあなたも上杉謙信のようにかっこよく『塩』を送ってみませんか?


贈り物として特におすすめのカラフルなお塩

塩を送りたくても、どんな塩を送ればいいのか迷ってしまいますよね。贈り物の塩を選ぶときのポイントとしては、やはり『見た目』を意識することです。

塩と言えば「白」のイメージしかない方も多いと思いますが、実はいろいろな色の塩があるのです。白い塩が一般的な中で、カラフルな色の天然塩をプレゼントすることで大いに喜ばれるというお声も頂いています。

そのため、ここでは贈り物におすすめなカラフルな天然塩をご紹介していきます。

贈り物に最適な塩 1位は『黒い塩』

男鹿半島の塩 黒い塩

贈り物に人気NO.1の天然塩は『黒い塩』です。全国商工会連合会主催の「むらおこし特産品グランプリ」で経済産業大臣賞を受賞した逸品であり、お土産にプレゼントに大人気の天然塩となっています。

普通のお塩よりも何倍もの時間をかけて、手塩にかけて作り上げられた天然塩です。さらに、男鹿工房の孟宗竹に詰め自社開発した炭焼き窯でじっくり焼いて作られているため、塩なのにキラキラと黒光りした大きな結晶が特徴的です。

塩とは思えない独特な見た目だけでなく、味も竹の旨味成分や風味が溶け込み、まろやかで上品な味わいとなっています。『黒い塩』は贈り物として喜ばれること間違いなしなので、是非下のオレンジのボタンから詳細をご覧ください。

贈り物人気NO.1の『黒い塩』を見てみる!

 

贈り物に最適な塩 2位は『桜塩』

男鹿半島の塩 桜塩

女性に贈るなら「この塩しかない」と言われる可愛らしいピンク色の『桜塩』。丹精込めて、作られた「男鹿半島の塩」に、桜葉の香りを付けた女性に1番人気の天然塩です。

香りは桜餅の印象をもたせる、ほのかに甘い匂いです。それでいて、塩のしょっぱさをきちんと持っているため、見た目や香りも味も楽しめるお塩になります。

カラフルな見た目からご家庭で使っても楽しめて、プレゼントしても喜ばれる逸品となっています。女性にプレゼントされるのであれば、是非『桜塩』を選んでみてください。

女性に喜ばれること間違いなしの『桜塩』はこちらから!

 

贈り物に最適な塩 3位は『わさび塩』

男鹿半島の塩 わさび塩

続いての贈り物に最適なお塩はツーンと鼻にくる香りが特徴的な『わさび塩』です。ご飯に1番合う塩として有名で、ご飯に『わさび塩』をかけるだけでバグバグ食べれてしまいます。

そして男鹿工房では『わさび塩』の素材にもこだわっていて、手塩にかけて作られた「男鹿半島の塩」に「国産わさびの粉末」を絡めた辛みと風味のある上品な天然塩となっています。

緑がかった見た目とわさびの辛味も味わえるため、ご飯だけでなく、ステーキや天ぷらのつけ塩にも最適です。食欲を掻き立てる『わさび塩』を是非プレゼントしてみてください。

わさびの辛味と風味を楽しめる『わさび塩』はこちらから!

 

さいごに

プレゼントの箱

これまでご紹介させていただいたように、『天然塩』を贈り物に選ぶことで多くの方に喜んでもらえると心から思っております。是非、カラフルで珍しく、そして美味しい男鹿工房のお塩をプレゼントに選んでみてください。

そして、普段からなにかと贈り物をする機会が多いですが、この記事を読んで、贈り物選びに頭を抱えて悩んでらっしゃる方が少しでも減ることがなにより嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

このブログの著者

男鹿工房

このブログの著者

男鹿工房
男鹿工房
お知らせ一覧